フィギュアグランプリシリーズ 6試合すべて開催へ

今季、2020-2021のフィギュアグランプリシリーズ。

どうなることかと心配していたら~~



6試合すべて開催予定だそうです。



https://www.nikkansports.com/sports/news/202008040000158.html


国際スケート連盟(ISU)が、フィギュアスケートの今季グランプリ(GP)シリーズ(シニア)全6試合を予定通り開催する方針を固めたことが4日、分かった。関係者によると、3日にISUがオンラインで理事会を開き、ホスト6カ国からの意見を集めながら協議。開催する方向で話がまとまったという。

6大会の実施は予定通りだが、通常規模での開催は厳しいとみられる。新型コロナウイルス感染症の対応策、まだ各国に渡航制限がある中での新たな開催方式については今後、詳細を詰めていく。

ISUが発表した当初計画では、第1戦スケートアメリカ(10月23~25日、ラスベガス)で開幕し、日本男子の羽生結弦(25=ANA)が過去5シーズンで3度、出場してきた第2戦スケートカナダは10月30日から首都オタワで行われる。

その後は第3戦中国杯(11月6~8日、重慶)第4戦フランス杯(11月13~15日、グルノーブル)第5戦ロシア杯(11月20~22日、モスクワ)と続き、第6戦のNHK杯が11月27日から29日に大阪・東和薬品RACTABドームで実施される。

6戦の各上位6選手が進むGPファイナルは12月10日から13日に北京で、22年五輪のプレ大会として開催される予定となっている。こちらは中国が既に開催の意向を示していた。

一方、ジュニアのGPシリーズは今季の全戦中止が発表されている。



ISU大英断でしたね!
ちょっと驚きました。

どっちかと言えば、ジュニアのほうが観客席は「密・密・密」になる確率も低く(客席ほとんどが関係者と家族だけ)、正直経費も掛からないのでこっちが優先と思ってました。。

感染拡大し続けているこのさなかに、”やる”と決めたからにはそれなりの(感染防止の)準備ができたという事なのでしょう。



ファイナルは、北京ですよ!!!


なんという試金石!!



冬季五輪に向けて中国の国威発揚なのかもしれませんね。
ISUも中国に忖度??


スケアメがラスベガスっていうのも驚いた(@_@;)
初めてじゃないかしらん??

大阪のNHK杯は争奪合戦になるのか???
それともお葬式のような状態になるのか???

いそいそと羽生がエントリーすれば、どこにでも行く羽生マダムたちも決めかねていることでしょう。


どのくらいのディスタンスでシートの割り振りをするのか???


日本以外どこもガラガラになるのかな・・・


どんどん感染者が増えている昨今。
海外は多分無理なので大阪だけですが、参戦するか私自身はまだ決められないです。



とにかく何事もなく終わるのを祈るのみ。



ご意見ご質問等ありましたらこちらのBBSにお願いします!(^^)!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント