日々のたわ言

アクセスカウンタ

zoom RSS ケアンズ旅行・5日目「フィッツィロイ島でシュノーケリング」

<<   作成日時 : 2014/03/20 11:12   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今日も雨季だとは信じられないような、最高の良いお天気。

ホテルからはすぐ近くだけど、まだ行っていなかったマリーナの方(シャングリラホテルあたり)に行ってみます。

この辺りは、ビーチと言ってもカジュアルなエスプラネーデラグーンと比べると、ちょっとおハイソな雰囲気で、個人のクルーザーなどが停泊してたりする。

カフェやショップも何ともお洒落。


マリーナ
画像


画像


海外旅行に来ると、どんどんその国の人と同化して、何人か分からなくなるうちのおじさん。
地元の人に、道を聞かれたりしています(^^;
画像


ぶらぶら徘徊していたら、フィッツィロイ島へのオプショナルツアーのデスクを見つけた。
宿泊しているホテルのツアーデスクでは、グリーン島か、アウターリーフを船で周るだけのツアーしかなかったのよね。

フィッツィロイ島はGBRでも比較的近いし、何よりここからすぐフェリーに乗れるのもナイス!!
13時半からのフェリーにはまだ空きがあろうそうです。

13時半なら、今ホテルに戻って、準備してくる時間も十分ある。

アクティビティーは、シュノーケリングか、グラスボトムボート、島内トレッキングの3つから選べるとの事で、何をするかは到着してからということにして、取り合えすお願いすることに。

料金は、アクティビテイーなしだと65豪ドル。
アクティビティープラスで83ドル(プラスカートの手数料1.5%)でした。

シュノーケリング希望で、足ひれや、シュノーケル、ライフジャケット持ってる人は、ミニマムでOK!




マリーナ近くの公園で、結婚式をしているカップルに出くわしました。中国系ですかね?

ふふふ・・
お幸せに〜♪
画像
1

画像




このホバークラフトで向かいます。
フィッツィロイ島までは45分の道のり。
ホバークラフトなので、揺れも少なく快適。
画像


div align="center">画像

中はこんな感じ。
1日ツアーじゃなくて、リゾートにお泊りに行く人がほとんどのようでした。

小腹がすいたので、船内の売店でXXXXビールとプリングルスを。

画像

画像




船の後ろからでる水しぶきをボーっと見てると、何十分でも飽きないというか、癒される。
もしかして、前世はカツオかクロマグロだったのだろうか?

私は、ろうそくやストーブの火見てる時とか〜
あと、輸血してる時の、袋から管に「ポタッ、ポタッ」と落ちてくる血液見てる時とか〜

なんだかすごーく落ち着くのよねぇ。
変なのだろうか??


画像



フィッツロイ島が近づいてきました。
時期的なものか、海の透明度いまいちかな〜〜(^^ゞ
画像


画像




画像


このピアのあるホテルが、窓口になって1日ツアー客も受け入れいてるよう。
他にも、ホテルやヴィラはたくさんあります。

画像



シュノーケリングを選択。

シュノーケリングするのなんて、20年ぶりぐらいか??
多分プーケットの、ピピ島かラチャ島でして以来だと思われます。

私は昔から、シュノーケリングした後鼻血が止まらなくなったりしてたので、もうこの病気になってからは絶対無理と思ってたのよね。

バリとか、ビーチリゾート結構行くんだけど、プールはともかく、海にはほとんど入りません。


海に入るのは、12年前のランカウイ以来。。だったかな?!
ちょっとドキドキ。



シュノーケル、足ひれ、ライフジャケットを貸してもらって、海岸からそのままエントリーします。

今の足ひれは、昔のカエルみたいのと違って、先が下に向かって反り返ったカモノハシのくちばしみたいになっているので、とにかく歩きにくいったら・・・いやんもう〜!!

写真で見ると、何やら楽しそうですが〜〜

「も〜〜、歩けねーよ、このばかー!!」と言いそうになるよ。マジで。

タコ踊りみたいななっちゃうYO(私だけか?)


画像
画像


画像




船で沖のポイントまで行くのではなく、海岸からそのままって・・・??

すごく驚いたのだけど、本当に入ってすぐに納得。

とにかくサンゴだらけなんです。
出来るだけ触れないように、静かーにバタ足だけでおよぐ。

踏んだり、手で触って折ったりしないかひやひやします。

海岸から5メートルもしない場所に熱帯魚もいっぱい。

確かに海岸も砂ではなくてサンゴの死骸という感じ。裸足では歩けません。





今まで行ったところは、船でポイントまで行く形式だったので、大抵は10メートルぐらいのの深さがあるところばかり。

「あ!むこうに魚がいる〜」ぐらいのものだったのが〜〜
ここは、水深1メートルあたりで、熱帯魚の嵐でした。

水の中なので、大きさは定かではないけど、65〜60センチぐらいのカラフルな子もいましたわ。


こんなところがあるのね〜〜もうびっくりでした。

海に入る予定をしていなかったので、水中仕様のカメラ持ってこなかったの後悔。
こんなだと思わなかった〜〜

さかなだけじゃなく、こんな近くで綺麗なサンゴ見れると思わなかった。


もっと沖に出たらきれいなのか??
でも、もぐったりしない分、鼻血が出ることもなく〜(^^ゞ

水の上から撮ったテーブルサンゴ(わかるでしょうか?)
もっとずっときれいだったのだけど、スマホだとこれが限界。

画像


画像


砂が少し湿っているので、足に着いた砂がなかなか取れません。
ここでもタコ踊りで、20分ぐらい格闘してやっとサンダル履ける状態に。
画像

画像


画像


海岸
画像



17時発の最終フェリーでケアンズに戻ります。
お泊りの人は、プールやカフェでのんびりしてました。

いいなぁ〜!
今度来るときはここに泊まるの良いかも?!
何より、ケアンズの街中からすぐだしねぇ〜〜!!

画像


ケアンズ到着間近のところで、外に出たら風でお帽子を飛ばされてしまう。
海汚しちゃったわ。ごめんなさい(;;)

お帽子は、タイのYARAYAで買ったもので、結構気に入ってたのだけど、また行くから良いや〜



夜は、またワンプレートビュッフェのフードコートへ。
ビール&ミディアムプレートで15豪ドル。

夫は、ワンタンメン。
13豪ドル。

フードコートの値段じゃないけど、まあ、美味しかったので良しとしましょう。
画像


画像


画像
画像





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ケアンズ旅行・5日目「フィッツィロイ島でシュノーケリング」 日々のたわ言/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる