オンキョー上場廃止に思う事

オーディオメーカーのオンキョー(6628)が上場廃止になるそうです。

https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2104/01/news087.html

聞きたい曲はスマホでダウンロードが当た影前の今、若い人はもうOnkyoという名前すら知らないかもですね。

昔々、レコードやラジカセが華やかなる時代。

オーディオマニア垂涎の的だったオンキョー。
スピーカーとか、アンプ、デッキなどで一つ数十万円するものがあったんですよ。

一まとめのステレオにあらず。
各一個ずつです。

オンキョーは特に高根の花だった記憶。

これを一つ一つ宝物のように揃えるマニアというのが少なからずいたわけ。
ひと揃えで7桁!!
自宅にどっしりとオーディオルーム(音楽のみで映像なし)を設える音楽ファンというのも珍しくなかった。

良い時代だったのか?
大いなる無駄だったのか?



その時にお手軽なカセットテープを作っていた「マクセル」や「太陽誘電」は早々と半導体の全個体電池に鞍替えして、今も隆盛を誇っているのを見るとなんともしみじみした気持ちになります。

同業の
サンスイ、パイオニアが破綻してもオンキョーだけはどうにか踏みとどまっていたのは、アッパーマーケットとはいえうまくマニアのニッチに特化できたと思ったんですが。。。

アップルと提携なんて時もありましたが、やっぱり時代の変化についていけなかったらしい。
全てが重厚すぎました。


しかしながら上場廃止という事で破綻したわけではありません。

オワコンとはいっても今後どう立て直すのか?!債務超過なので厳しいかもしれませんね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント