ネイサン・チェン全米選手権五連覇!

ネイサン・チェンが全米ナショナル大会で五連覇を果たしました。

https://news.yahoo.co.jp/articles/fcbacbd837d3a68ed2c1c1fbd14c92a167688a7c


フィギュアスケートの全米選手権最終日(17日=日本時間18日、ネバダ州ラスベガス)、男子シングルスでネーサン・チェン(21)が5連覇を達成した。

 ショートプログラム(SP)で113・92点をマークし、首位発進したチェンはフリーでもトップの208・36点とし、合計322・28点で優勝した。男子では1946~52年にリチャード・バトンが7連覇して以来となる5連覇。世界選手権(3月、スェーデン・ストックホルム)の代表にも内定した。

 米紙「USA TODAY」は「5度の全米制覇で五輪に照準を合わせる」との見出しで「次の冬季五輪は13か月後。3年前、2018年に韓国でSP17位、フリーでトップとなり、総合は5位でしたが、21歳のチェンは平昌五輪以降、無敗で一度も負けていません」とし「複数のクアッドジャンプを何度も着氷させている。チェンが世界、国内で何度も勝つことは偉業なのです」と報じ、母国のスターをたたえた。

 日本男子のエース、五輪2連覇の羽生結弦(26=ANA)は昨年12月の全日本選手権で合計319・36点(SP=103・53、フリー=215・83)で、5年ぶり5度目の優勝を果たしたが、3月の世界選手権ではライバルで3年間不敗のチェンに土をつけられるか。



因みに2位は同じ中国系のビンセント・ジョウ君。
3位は茶子ちゃんことジェイソン・ブラウン君です。


ネイサン!
平昌五輪こそミスが出て(若さでしょう)良いところがなかったものの、その後はまさに飛ぶ鳥を落とす勢いでベストスコアを更新し続けています。

男子の場合クワドからの4‐3コンボで20点近くじゃんじゃん稼ぎますから、出来る種類の多い彼はなんと言っても有利なのだよなあ。


何処の国でもナショナルはISU公認関係ないので、高得点が出やすい傾向はあるものの、ジャンプミスがあって322点とはかなりの構成だったと言わざるを得ません(まだ見ていません)

フリーで4回転5本の構成で4本成功、ルッツのみお手付きだったそうな。

去年の前日本の羽生がノーミスで319ですから、スピン1本飛んでますがこれはやはりジャンプの違いという事になるかと。。。
羽生も4ループ再開したけどね。

最近の演技を見ていないので詳細はわかりませんが、今本人に”これ”というような死角もなくジャンプ以外のSSも高評価。
前シーズから好調を維持し続けています。

ウィークポイントらしいウィークポイントは、衣装が「練習ジャージか?!」と言われるほど地味なことくらいでしょうか?!
(しかもショート、フリーほぼ同じ)

まあ、これも一つの彼らしい売りという事で周知されてきているので、見どころと言っても良いかもしれません(←そうか?)



スウェーデンワールドでの羽生との久々の対決が楽しみになってきたけど。
年齢から言うと圧倒的にネイサンのほうが有利なわけで~~

ここで頭をもたげるのが「コロナ問題」だったりするのだよなぁ。。。

ワールドが中止になったら、最後は冬季北京五輪しかないという事になっちゃいます。
(それも間に合うか懐疑的なんだが・・)


無観客でもどうにか開催してほしいけど、それ以前に各国の選手が移動できるかの問題になっちゃいますね。



ご意見ご質問等ありましたらこちらのBBSにお願いします!(^^)!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント