再生不良性貧血14年・・・・

今年もまたこの日が来ました。

再生不良性貧血不良性貧血発覚から14年。
(実際の罹患はもっと前からと言われてます)


例年とちょっとだけ違うのは、いつもは初冬の寒さとともに思い出す(当日の札幌真冬日)ものだったのに、今年はポカポカと暖かいってことでしょうか?!

サンサンと日差しの入るベランダでバタバタとお布団干していて~

『あれ?布団干しても全然ハァハァしない??あぁ、そういえば今日は・・・』と思い出した次第。

お布団干さなければ忘れていたか?!


当時の北海道の気候もあいまって「辛くて厳しい思い出」だったものが、いつの間にか「ほんわりと懐かしきおもひで」に脳内変換されていました。
記念日とまでは言いませんが・・・💦


ヘモグロビン3.3で数段の階段も上れず
「いつ突然死してもおかしくない、統計上の余命は5年」と言い渡された人生最大のピンチ!!


が!!
おまけの逆転人生とばかりに14年も面白おかしく生きて~

今となってはヘモ12超ですから医療の進歩に心から感謝する次第です。

神様からのご褒美だったのかもしれないし、自明の理だったのかもしれない。

人間どこで何があるか全くわかりません。


新型コロナもなかなか収束してくれませんが、まさかこの後14年ってこともないやね。





ご意見ご質問等ありましたらこちらのBBSにお願いします!(^^)!




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2020年11月21日 22:38
 今年は、この時期にしてはかなり温かいですよね。なので、来週からの気温低下に身体が堪えそうですが…。
  saosaoさんの治療生活ももう14年になるんですね。当初は毎月のように輸血で驚きましたが、何とかご病気と付き合いながら過ごされていますよね。健常者のようにはいきませんが、それでも入院せずに過ごせているのはなによりです。
 再生不良性貧血もそうですが、各疾病の治療も大きく変わってきていますよね。
 職場の方で、一時期高額治療薬として話題に上ったオプジーボ(免疫療法)を始めた方がいらっしゃるんですが、今のところ身体に合っているようで、治療しながら勤務されています。当初年間3600万掛かると言われた、薬価も一時に比べると大幅に下がり、本当に医療は日進月歩だわと感じています。
 近いうちにC型肝炎のように完治できる薬が出来るかは分かりませんが、これからも体調に気を付けて楽しいブログ記事お待ちしています(*^^*) 
saosao
2020年11月23日 14:44
こんにちは。
今年で14年の闘病生活のワタクシですが、存外楽しく過ごしています。
来月数日の入院予定ですが、血液じゃなく不整脈のほうでして、これが治ったら大分楽になります。
本当に最近暖かいよねぇ・・
この時期外に洗濯物が干せるのがなんとも不思議でして、北海道感覚でいうと「長~い秋?!」という気候かな??
多少気温が下がっても、雪が降らないと冬という気が全くしません。

職場にオプジーボを使っている方がいるんですね。
価格が安くなった(発売時の4分の1だとか・・)のも驚きですが、抗ガン治療しながら普通に勤務できるのもすごいです。
免疫療法はまだ新しい分野なので、これからまだまだ良い薬が出てくるかもしれませんね(高すぎるのが難点ですが・・・💦)