アンカレッジ経由

コロナが落ち着いて海外旅行解禁になったらどこにいこうかな~~

・・・と、旅行記などを徘徊していたら懐かしき「アンカレッジ経由ヨーロッパ」というのが目についた。


若い人はご存じないかもですが、昔ヨーロッパに渡航するにはアンカレッジ(北極)経由というのが主流でした。
今は機材の飛行時間も伸び、旧ソ連崩壊でシベリア上空を直行便が飛んでますが、アエロフロート以外は冷戦時代にはこれしか手段がなかったんです。


もう一つ南回りというのもあったけど、これは直にヨーロッパというよりバンコクだのデリーだの色々なところを経由していくルートなので中間地点を利用する人も多く、路線バス的な意味合いが強かった。




んで、アンカレッジ経由。。

私は乗ったことないんですが、アンカレッジで給油の2時間のトランジットを含めて所要時間30時間だったそう。
アンカレッジ空港の免税店は日本人買い物客で大層潤ったと聞き及んでいます。

ちなみに南回りは50時間・・・ちょっとした修行ですね💦


もうアンカレッジ経由は1本も飛んでいないのかと思ったら~~

まだまだカーゴが現役で飛んでいるそうです。


昨今のコロナウイルスの影響で「ガンガン」飛んでるかどうかはわかりませんが、アンカレッジという場所柄、北アジア、北米、欧州の主要都市とほぼ等間隔で荷物を運ぶための利便性が高いとの事。


逆に今アンカレッジに観光に行こうとしたら、北米を経由しなくてはいけないので20時間以上もかかり結構厄介!
以前は6~7時間で行けたのでハワイみたいなものでした。


まだまだ海外旅行なんてず~~っと先かもしれませんけどね。
日本が落ち着いたとしても渡航先の事情も色々あるでしょうし。。。。


行ける日を指折り数えて待ってます。


ご意見ご質問等ありましたらこちらのBBSにお願いします!(^^)!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント