ソツ子も引退?!( ゚Д゚)

ソツ子こと、ロシア女子フィギュアスケーターマリア・ソツコワ選手が引退です。


https://www.nikkansports.com/sports/news/202007090000043.html

ロシアのイタル・タス通信は8日、フィギュアスケート女子で18年平昌五輪8位のマリア・ソツコワ(20=ロシア)が現役を引退すると報じた。
ソツコワがこの日更新したインスタグラムで「残念ながら、全てがいつかは終わるのです」などとつづった内容を引用。そこには健康的な問題を抱えるようになったこと、周囲への感謝などが記されている。
ソツコワは16年世界ジュニア選手権で本田真凜に次ぐ2位。16~17年シーズンからシニアに転向した。
平昌五輪シーズンは17年12月のグランプリ(GP)ファイナルで、ザギトワ(ロシア)に続く2位と躍進。ザギトワ、メドベージェワと共に「ロシアからの五輪選手(OAR)」として臨んだ大舞台は、ショートプログラム(SP)で12位と出遅れたが、8位入賞と健闘した。
五輪後は国内の他選手の台頭もあり、欧州選手権出場などを逃していた。華やかな衣装とともに、優雅な滑りでファンを魅了したスケーターが、人生の節目を迎えた。



最近のロシア女子の新陳代謝の早さと言ったら(@_@;)

オールドファンには全くついていけませんです。


丁々発止のメドベやザキちゃんともちょっと違う、少し甘くて子供っぽいところもあったけどスタイル抜群でとてもエレガントな選手でした。
10代の時は演技がうまくいかなくてキスクラで泣いていたの思い出す。


ただ、こういう中途半端さだと今のロシアではやっていけないだろうなという危惧もありの・・・💦

的中した形ですかね?!


でもこの引退に対する潔さみたいな部分はロシアの特筆すべき点かもしれません。

ロシアの採点競技のアスリートは、総祖父母の時代までさかのぼって体型やら体質(太らないか等)を詳細に調べるそうです。

才能のありそうな子は徹底した英才教育とともに、ダメだとなったら容赦ない肩たたきがあるのかもしれないと想像する次第。



村主さんのように、誰にも歓迎されなくても40歳近くまで頑張る選手というのはまず皆無。

最初からセカンドキャリアもドライに考えて競技に臨んでいるのでしょう。


残念ですが、コーチや振付師になるとしても、全く違う道を歩むにしても・・・
良い選択だったと思います。

でも二十歳で引退って本当に「一瞬の旬」ですね( ノД`)


ロシアでもレオノワのように30歳近くまで頑張る選手もいることはいるのですが、完全に”英才教育”でヒューっとできてきた選手はだいたい20歳前後で引退を迎えます。


オリンピックにうまくピークが合わなければ誰も知らない流れ星。


何だか誰もかれもが使い捨てみたいでファンとしては寂しいですけど。。



今回のコロナ禍でそんな選手いっぱい出てきそうよ、、😢


ご意見ご質問等ありましたらこちらのBBSにお願いします!(^^)!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント