ブラインドタッチの不思議

PCのローマ字入力のブラインドタッチ。


PCもエッジになってアプリの時代になったとはいえ、やはりまだキーボード入力にはブラインドタッチが必要です。

私の時代はひらがなの「は」と「ま」に人差し指を置いてそこからできるだけすべての指を使って入力するのが最短。
と教えられ~
「かにかにかに」と何度も打つ練習とかしましたが。



最近、金融機関だったり病院だったりでPC入力する人の手元を見てると、多くの人が右手メインで入力しているらしいことに気づいた。

キーボードの形状にもよるのだろうけど、今見ると左で使ってるのはシフトキーとA S Z Wくらい。
中には左手は補足的でキーボードの上に置いていない人もいる。

主流が変わったのか??
タブキーの使い方なのか?
それとも業界によってPCの配列が大きく違うのか?


でもかな~りタッチは早いのよね。
じろじろ見るのも失礼だし、ミスがあるのかどうかは画面が向こうむきなのでわからないんですが。。。。

これってナゼなのでしょう??

知ってる人がいたら教えて。






ご意見ご質問等ありましたらこちらのBBSにお願いします!(^^)!


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

この記事へのコメント