サウジアラムコ初値は35.2リヤル

我ながらしつこいわねと思うも~~(;^_^A
サウジアラムコ!!

上場初日の初値は35.2リヤルでした。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO53218880R11C19A2EA2000/

サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコが11日、サウジ国内で株式を上場した。上場時の時価総額は約1兆8770億ドル(約200兆円)と、米アップル(約1兆2千億ドル)を上回る世界最大の上場会社になった。米欧の同業他社と比べて収益力は高いが、サウジ政府が支配する企業統治に課題が残る。海外上場のメドも見えず、規模に見合うだけの成功を収めたとはいえない状況だ。
11日、サウジの国内証券取引所タダウルに新規株式公開(IPO)した。発行済み株式の1.5%を売り出した。初値は値幅制限の上限となる35.2リヤルを付け、売り出し価格(32リヤル)を10%上回った。アラムコのルマイヤン会長は公開に先立ち、「上場によってアラムコのガバナンスと透明性が高まる」と強調した。終値も35.2リヤルとストップ高水準のままで初日の取引を終えた。

調達額は256億ドルと、2014年の中国アリババ集団(250億ドル)を超えて過去最高になった。アラムコは主幹事の金融機関に追加で株式を引き受ける権利を与えており、最終的な調達額が300億ドル近くになる可能性もある。
サウジのジャドアーン財務相は10日、リヤドで日本経済新聞に「IPOへの応募が締め切り最終日に殺到し、予定の5倍に達した」と明かした。政府は優遇策などでサウジ市民に購入を呼びかける一方、有力財閥や王族にもIPOへの積極的な参加を命じたとみられる。サウジ国営企業や政府系ファンドなどが主な買い手だったもようだ。
売り出された株式はサウジ国内が対象で、共同幹事に名を連ねたSMBC日興証券など、日本の大手を通じても個人投資家は売買できない。
上場前に公表された目論見書を見ると、アラムコの収益力は群を抜く。2018年12月期の売上高は3559億ドル(約39兆円)、純利益は1110億ドル。利益の規模は米エクソンモービルなど石油メジャー5社の合計を上回る。
目を引くのは巨額の配当だ。20年は750億ドルを下限としており、日本企業の配当総額の7割に相当する。もっとも発行済み株式数も膨大なため、1株あたりの年間配当金を株価で割って算出する「配当利回り」は米欧の同業よりやや低く、投資妙味があるとはいいきれない面もある。



大型上場ですからそうそう何倍にもなったりはしないんですが、32リヤルが35.2リヤルって「意外に低いわね??」と思ったら1日10%までという値幅上限があるのだそうです。

ETFでもいいから買えないか??
ちょっと考えました(* ´艸`)
往生際悪いか・・・

シェールガス企業が不採算でどんどん手仕舞いしているのを見ると、まだ石油という化石燃料に需要があるのか?
資金が必要な感じでもありますね。



ご意見ご質問等ありましたらこちらのBBSにお願いします!(^^)!



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント