マリインスキー・バレエ「ドン・キホーテ」@東京文化会館

ロシアのマリインスキー・バレエ日本公演「ドン・キホーテ」@東京文化会館に行ってきました。


画像




画像


ドンキは「ジャン!!」でラストポーズを決めるシーンが多いのでオーケストラ必須ですね。
画像


本日のプリンシパルはレナータ・シャキロワとフィリップ・スチョーピン
シャキロワは比較的最近プリンシパルに昇格した若手(23歳!!)ですが、キトリが一番得意なのだそうです。

グランフェッテはダブルトリプル織り交ぜて、なんと46回転( ゚Д゚)

ロシア系のダンサーって基本に忠実にシングル回転で32回(その代わり曲との同調性や回転の正確さ重視)という人が多いんですが、とにかく彼女はジャンプや柔軟性もすごくて身体能力が際立っていました。
v align="center">画像



マリインスキー観るのは2年ぶり。

前回は白鳥の湖でしたわ。


ドンキは古典の定番ですからどこのバレエ団でも公演するでしょうけど、こういう人間臭いドラマってマリインスキーのイメージではない感じ(いやなんとなくですが・・・)


やっぱりなんといっても「白鳥」や「ジュエルズ」みたいな夢のように美しいコールドなのよねぇ。。


看板スターのウリヤナ・ロパートキナさんが引退して、全体的に小粒になった印象もあります。

2年前と比べるとシートの空きも目立ってちょっと寂しかったかも?!

まあ私自身は楽しみましたけどね。


フィギュアもいいけど「年末はバレエ」ってのが優雅な気持ちになれていいわ~(*^▽^*)

札幌でやってくれればもっといいけど・・・

ご意見ご質問等ありましたらこちらのBBSにお願いします!(^^)!

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック