マンション査定

某不動産会社に自宅のを査定をしてもらいました。


もう20年以上たっているマンションだし、近くにもジャンジャン新しいマンション建設。



且つ、うちの近所はどっちかというと単身者向けワンルームマンションが多い場所柄。

減価償却から言っても3分の1もあれば上出来かな?!と値踏みしていたんですが~~~



査定額なんとビックリ(◎_◎;)

購入価格から200万落ちただけ。


76平米の3LDKで、22年間をわずかの200万で住んだ計算ってこと?!


買った当初は、


「10年もしたら半額以下になる」

とか~

「(戸数が少ないので)古くなったらどんどん人がいなくなって幽霊マンションみたいになる」

等々、さんざん言われて、もうここと心中するか?たたき売り覚悟か?!


なんてね。。

じとーっと考えていたんですが、ふたを開けてみれば転勤などでポツポツ住人は変われど22年間ほぼフル稼働状態。


札幌駅再開発で、2年後にはJRの新しい駅も近くにオープン予定だし、地下鉄駅にも近い。

思えば便利なところだったのかも?!(いつも文句たらたらでしたけど(;^ω^))



「もし現金がすぐご入り用でしたら?!」ということで、もう少し安い値段も提示されましたけど、いま夫も元気に働いているので現金が必要なわけでもく~~(不動産屋の常套句でしょうか?)


まあ、あまり年数がたつとこの値段ではなくなるだろうし、劣化も進むわけなんですがもう1年ぐらい猶予期間を見ることにしました。


不動産屋さんってもっと詳細に部屋や水回りなどを見るものと思ったのだけど、サッシや床の状態をちらっと見ただけでほとんど細かいところは見ていかなかったわ。

リフォーム業者とは全然違う。


まあ、現状売りならこれをフルリノベーションして、ほぼ内装新しい状態で売るのだろうから、建物の「側」と周りの環境だけ見たら十分みたい。

それを見るために車ではなく地下鉄で来たそうです。


タバコも吸わないし子供もいないので、比較的きれいな状態で使っていたと思うんだけど、ぶっちゃけ中の状態などどうでもいいらしい。


マンションとはそういうものなのね。
何気に業者の深い極意を見たような・・


首都圏の都心部ではそろそろタワーマンションもだぶつき始めたということですが、地方都市はトリクルダウンがこれからもうちょっとしてからくるでしょうと・・・・(希望的観測)


リフォームして賃貸に出すという案は消えたかな?!
やはりあまりに素人だったし、税金の勉強も一切していませんでした。


とりあえず現状が分かって(思いがけず良い査定で)よかったです。


しかしねえ。。。


もう二束三文の価値しかないだろうと覚悟した時期もあったのに、不動産って景気によって本当に変わるものなんですね。



これから1年ぐらい熟考してここをどうするか考えていく予定。
・・・って本当は石橋をたたきすぎるのも、叩き割る一因なんだけど。。



ご意見ご質問等ありましたらこちらのBBSにお願いします!(^^)!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック